見張りが朝を

日本キリスト改革派岐阜加納教会牧師のブログ

世の光

あなたがたは世の光である。
(マタイによる福音書5章14節)

主イエスはご自分を信じて生きる人々に、あなたがたは世の光であると仰せになります。しかし知っておくべきことは、それ以前のこととして主イエスご自身が世の光であるということです。「イエスは再び言われた。『わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ』(ヨハネ8:12)
主イエスは世の光であられる。それはこの御方こそ、人生の根本にある問題を解決してくださる御方であるということです。人間のまことの救い主であるということです。
聖書が示している大切な真理。それは人間が闇から光に移されるためには、罪の問題が解決されなければならないということです。なぜならこの世と人間に悩みや苦しみをもたらすのは、人間を生まれながらに支配している罪だからです。人生が荒れ野、砂漠にたとえられる。人生の旅にも苦しみや困難がともなう。それは、人生の根本に罪の問題が横たわっているからです。罪が人間に、人生に、世界に苦しみや悲しみや困難をもたらす。それは世の有様を見るならあきらかです。わたしたちもよく知っていること、経験していることではないでしょうか。

主イエスが世の光であるということ。それは、人の命と魂とを罪の闇の底の底から救い上げる力を持つただ一人の方であるということです。死ぬべき人をさえ、死を超える命に生かすことがおできになる方であるということです。
そしてそのことは、主イエスがわたしたちのために十字架にかかってくださった事実なしには理解できないことです。主イエスはまことの神であられましたが、世の闇を打ち払い、世に光をもたらしてくださるためにまことの人となられ、世に来られました。わたしたち人間と同じく血と肉とを備えた方として、天から来られたのです。すべての点でわたしたちと同じになられたのです。わたしたちの兄弟となられた。そして死の苦しみをも知る者となってくださったのです。

この世の、人間のまことの闇とは罪の闇です。主イエスはわたしたちのために十字架に死なれることによって、わたしたちに死をもたらす罪の支配をうち滅ぼし、罪の闇をうち払ってくださいました。わたしたちを闇から光へと移しかえてくださいました。死の恐れから解き放ってくださいました。
そのみわざはわたしたちにとってどれほどすばらしい、喜ばしいみわざであることでしょうか。まさにこれこそ、この世の知ることのなかった恵みです。天から降りてきた祝福です。この神の恵み、命の恵みによって、世はまことの光を持つに至ったのです。わたしたちは命の光を持つに至ったのです。
そのことが理解される時、ひとつのことがはっきりします。キリストを信じて生きる人々、キリストの弟子となって生きる人々は確かに世の光と呼ばれるのですが、世にあって光を放つのですが、それは自分自身で輝きをつくり出すというのではないのです。自家発電という言葉があります。自分の家に発電装置を備えて、光をともすことです。けれどもキリスト者が世の光であるのはそういうことではありません。光をつくり出すのは自分自身ではありません。
キリスト者が世の光であるのは、世の光なるキリストにつながっているからです。キリストに結ばれているからです。つまり、キリストから光をいただくのです。キリストの光をみずからの身をもって映し出す。反映する。だから、彼らは世の光と呼ばれるのです。