見張りが朝を

日本キリスト改革派岐阜加納教会牧師のブログ

信仰の法則によって

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。
(ローマの信徒への手紙3章27節)

パウロはここで、人の誇りは取り除かれたと語ります。ここで「誇り」とは「土台」という意味です。つまりパウロは人が自分を土台とし、自分を頼みとして生きる道は取り除かれたと語るのです。しかも、大きな喜びにうながされつつ。

わたしたちはパウロの言葉にただちに同意することができるでしょうか。わたしたちはこれまで生きてきた人生において、家庭や学校や職場や社会の中で、自分を誇り、自分を土台として生きるべきことを奨励され続けてきたのではないでしょうか。社会の荒波の中で、信じ、頼ることができるのは自分だけだと教えられることしばしばであったのではないでしょうか。

聖書の語るところに耳をかたむけたいのです。人は生まれながらに、行いの法則を選び取ります。自分を土台として生きる傾向を宿しています。そして、そこにこそ人の罪があらわにされます。神の選びの民であるユダヤ人もまたそうでした。彼らは自分たちを最高に誇り高き人間とするために、律法や割礼といった神の恵みのしるしさえも、自己実現と自己満足の道具に変えてしまったのです。

人は本来自分を誇って、すなわち神から離れ、自分を絶対者として生きるべきではありません。造り主なる神を誇って生きるべきです。神の恵みに生かされて生きるべきです。それが創造の秩序であり、被造物の生きかたです。その点で、人間の生きる道はあれか、これかであったはずです。

そのことを踏まえつつ、パウロは言うのです。人の誇りは取り除かれた。今やわたしたちはキリストの十字架の贖いによる罪の赦しと、甦りの命の恵みをよりどころとし、この神の恵みにいっさいを委ねて生きる者とされた。神が人の誇りを取り除けてくださった。そして人を本来の道、まことの命に至る道、神を誇って生きる道へと導き返してくださった。
行いの法則に生きていた者が、信仰の法則に生きる者とされる。それは根本的な転換です。その者は、キリストの霊によって新しく生まれた者です。新しい命を生き始めた者です。

キリストの福音を、真理の言葉を聞いた今、もはやわたしたちは自分を誇って生きる必要はないのです。キリストというまことの命の土台を知った今、自分自身の経験や能力や知識に、あるいは過ぎ去っていくこの世の知恵に、自分の大切な命を託す必要はないのです。自分で自分を支える必要も、自分で自分を慰める必要もないのです。
キリストがわたしたちを支え、慰めてくださいます。この方のもとで、いっさいの重荷をおろすことができます。信仰の法則に生きる者は、この大きな恵みを知っているのです。