見張りが朝を

日本キリスト改革派岐阜加納教会牧師のブログ

ローマの信徒への手紙を読む

信仰の法則によって

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。(ローマの信徒への手紙3章27節) パウロはここで、人の誇りは取り除かれたと語ります。ここで「誇り」と…

恵みにより(2)

人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。(ローマの信徒への手紙3章23、24節) 24節の「贖い」とは、本来奴隷が自由の身となるために支払われ…

恵みにより(1)

ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。(ローマの信徒への手紙3章21~…

人間の栄光と悲惨

世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。(ローマの信徒への手紙1章20節) ローマの信徒への手紙1章18節以下は…

福音―神の義

福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。(ローマの信徒への手紙1章17節) 人はイエス・キリストを信じる信仰によって義とされます。…

福音―神の力

わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。(ローマの信徒への手紙1章16節) 使徒パウロは、わたしは福音を恥としないと言います。なぜパウロはわざわざこのような言いかた…

御子

御子は、肉によればダビデの子孫から生まれ、聖なる霊によれば、死者の中からの復活によって力ある神の子と定められたのです。この方が、わたしたちの主イエス・キリストです。(ローマの信徒への手紙1章3~4節) 「御子は、肉によればダビデの子孫から生…

使徒

キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから。(ローマの信徒への手紙1章1節) ローマの信徒への手紙の冒頭で、パウロは自分のことを「僕」と呼び、続けて「使徒」とも呼んでいます。使徒。キリスト・イエスの使い…

キリスト・イエスの僕

キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから。(ローマの信徒への手紙1章1節) ローマの信徒への手紙の冒頭で、書き手である使徒パウロは宛先であるローマ教会の信徒たちに自己紹介をしています。パウロは自分のこ…