見張りが朝を

日本キリスト改革派岐阜加納教会牧師のブログ

聖書に聴く

「内なる人」の領域

たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。(コリントの信徒への手紙二4章16節) 「内なる人」の領域は神のみ手の領域であり、そこで神は自由なみこころによって、恵みのみわざをふるわ…

虚無の問題

なんという空しさなんという空しさ、すべては空しい。太陽の下、人は労苦するがすべての労苦も何になろう。(コヘレトの言葉1章2~3節)何もかも、もの憂い。語り尽くすこともできず目は見飽きることなく耳は聞いても満たされない。かつてあったことは、…

真理を知る

あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。(ヨハネによる福音書8章32節) 真理という言葉の意味を辞書で調べてみたら「本当のこと、まことの真理」と出ていました。また「判断や推理の正しさ」という意味も出ていました。あるいは、この世…

オープンチャーチ

オープンチャーチのお話の、一部だけ。ルカ15章11節以下、「放蕩した弟息子」の箇所です。(通してお聞きになるには、岐阜加納教会ホームページへどうぞ。) 「愛の父から離れても、わたしは立派に生きていける。やっていける。自分が価値ある存在である…

本質的事柄

罪が支払う報酬は死です。(ローマの信徒への手紙6章23節) 聖書が語る生と死は、肉体の生と死、医学的生物学的な生と死とを超えた事柄、人間存在にとってまさしく本質的な事柄です。聖書をとおして、人間における生と死の意味を深いところで理解しなけれ…

わたしはある

神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと」。(出エジプト記3章14節) 聖書は、ただひとりの神が存在することを教…

本当の備え

しかし神は、「愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか」と言われた。自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。( ルカによる福音書12章20~21節) 詩人の石垣りんさん…

命の水

この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。(ヨハネによる福音書4章13~14節) アメリカの軍隊が直面している深刻な問題について取…

rcjgifu-church.com ところが、目を上げて見ると、石は既にわきへ転がしてあった。(マルコによる福音書16章4節) 石は、主イエスの墓穴をふさいでいました。石の向こう側には、主イエスのなきがらが葬られてありました。墓穴をふさぐ石の壁。それは死の…

見よ、この男だ

rcjgifu-church.com ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。(ヨハネによる福音書19章5節) ヨハネによる福音書19章は、主イエスが十字架にかけられる前に、ローマの総督ポンテオ・ピラトによる裁判を受けられた場面を記しています。使徒信条が「(主…

死に、生きる

わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。(ローマの信徒への手紙6章4節) 使徒パウロはこ…

わたしたちの王

弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。(マタイによる福音書21章6~7節) 受難週の最初の日、イエス・キリストは都エルサレムに、王として凱旋なさいました…

「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」(ルカによる福音書5章4節) 外から語りかけられる声に導かれ、一歩を踏み出す時。くっきりと、視界が開けてきます。これまで見たことのなかった景色。触れたことのなかった世界。自由と解放。それを得るための…